税理士試験の合格率は低いけど、やりがいのある仕事です

資格試験は誰でも合格できるわけではないです。
誰でも合格できたら試験ではありません。
税理士にはものすごい難関を潜り抜けてなります。
税理士試験が簡単なはずはないです。
簡単な試験で税理士になった人ばかりいたら日本経済がおかしくなります。
合格率が低いから税理士を目指さないというのは良くないです。
医師の試験も司法試験も合格できないかもしれないから受験をしないという事はないです。
医師も弁護士も裁判官だって強い意思をもって試験を受けます。
強い意思を持っていないと試験に合格できたとしてもちゃんとした仕事はできません。
税理士もそれは同じです。
合格するのが難しい資格ほど重要性は高いです。
税理士は難しい試験に合格してなったのですから自信をもって良いです。
税理士に限った事ではないですけど、自信を持つ事が大切です。
自信がないと知識はあってもちゃんとした仕事ができなくなる可能性があります。
それに仕事に自信を持てない税理士に依頼したいと思う企業はないです。
税理士の仕事は重要ですから大いなるやりがいを感じます。
自信をもって仕事をおこなうのが大切ですが、やりがいを感じながら行えるのが税理士です。